高麗人参と脳の機能を改善

高麗人参と脳の機能を改善

高齢化社会も進行し、認知症や脳の働きの低下は、今や社会問題と化してきました。
そんな中でも医薬品だけではなく、予防的な成分を体内に摂取していくことで、脳の機能を改善することは、自分自身でも対応できるのです。
意外に感じるかもしれませんが、これは漢方の力で可能です。

いまこそ「高麗人参」についてお話をするべき時でしょう。
高麗人参は、緑黄色野菜の人参とは違います。
高麗人参はオタネニンジンとも言われるもので、ウコギ科のハーブの1つです。
古くから朝鮮半島や中国では漢方として大切に扱われてきました。

近年ではアメリカや南米でも生産が進んでいます。
この植物のなかには、サポニン配糖体を筆頭に様々な有効成分があります。
虚弱体質の改善や滋養強壮に最適とされ、今なお絶大な支持を得ているのです。

そして、このサポニンはジンセノサイドという成分で構成されています。
このジンセノサイドには、脳機能を改善する作用があり、加齢とともに低下しがちな認知機能も改善します。
歳を重ねても、脳の働きをあきらめなくてよいのです。
古代の知恵であるこの素晴らしい働きには、滋養強壮のような健康の維持だけでなく、脳にもサポートできる成分があるのです。
様々な効果が眠っているので、是非応用してください。